まず一般的に転職と考えて、まず相談するのは家族や親戚、周りの友達だと思います。私自信これが一番いい方法だと思います。お互いに気を使わずに言ってくれる事をズバっと言ってくれますし、何よりも他者として自分の長所を気づかさせてくれるからです。最終的に決めるのは自分自身になりますが、自分がなりたい職業に対して知恵を貸してくれたりするし、場合によっては知人を紹介してくれて、話を聞いたりも出来るからです。次にくるのが町の就職相談所を尋ねるのがいいです。

 

 自分が家族や周りの人と相談して、決めた職業を実際に相談所に行って聞いて、さらには実際に働いている人に聞いて、本当にそこで働けるのかとしっかりと見定める必要があります。また重要なポイントとして転職に自分が何を求めるかです。実際に働く勤務地であったり、転勤の有無、給与、労働面など自分が外せないものを持っておくべきだと思います。自分自身人間関係が嫌で1社目を辞め、2社はいいが、給与面をあまり重要視していなかったので、現在苦労しています。だからその時々の感情に受け流されないで、しっかりと自分のビジョンにあった転職のビジョンを持つべきです。そこに企業の雇用情報を見て、ここは受け入れるが、ここは駄目とチェックしていき、7割ほど丸があればその企業は自分の希望を満たしていると思います。そういった事を踏まえてしっかりと成功した転職を目指していってください。