転職をするにおいてのポイントはいくつかありますが、まずは転職する目的を明確化しましょう。単純に今の職場が嫌だから何でもいいから転職したいのか。給料面や社会保障の面で会社と折り合わず、収入アップを目指しているのか。はたまた追いかけている夢の実現のための転職なのか。スキルアップのための転職なのか。です。まず一ついえるとすれば、世間一般の常識として1年未満の職歴は履歴書には書けないというものがありますが、大手の社会保障など福利厚生面もしっかりしているような会社では職歴が3年未満であちこち転々としているような人材はまず取りたがらないという事です。

 

 よほど会社にとってメリットのある資格やスキルを持っていれば別ですが、もしあなたが将来的な収入アップや安定を目指してただ安直に転職をするのであればまずは同じ会社に3年は勤めてみた方が以降の面接で有利になります。そして、もし会社に不満を抱いての転職であっても新しく面接を受ける会社では前会社の悪口や不満は口にしてはいけません。辞めた理由は一身上の都合もしくは条件が折り合わずに、と濁しましょう。自身に確固とした目標があり、それを実現させるための資格やスキルも持ち合わせているというのであればそれをハッキリと面接の際にアピールしましょう。何にせよ、何も考えずの安易な転職は将来的に見てマイナスにしかなりません。自分が何のために転職を考えているのか、もう一度考えてみる事が大切です。